猫の顎ニキビ|顎の黒いブツブツの原因と対策

猫 あごニキビ 病気

猫の口や、顎のあたりにできる黒いブツブツ。

もしかすると、挫瘡(ざそう)という肌の疾患で顎ニキビと呼ばれているものかもしれません。

猫の顔には、ニキビができやすいのをご存じですか?

 

ニキビの原因は、さまざまです。

毛穴の皮脂汚れが詰まったものや、ストレス、細菌感染、ダニ、アレルギーなどがあげられます。

金属製の食器で、アレルギーをおこす猫もいます。

不衛生な食器により、菌が増えることも。

 

対処法や、予防法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

猫のニキビについて知っておきたいこと

猫 ニキビ

猫の口や顎ニキビを発見したら、どうしたら良いのでしょう?

病院にいくべきか、迷ってしまうところです。

症状の重さにより、対処法は変わります。

 

また、予防法があれば、知っておきたいですよね。放置は絶対ダメです。

やってしまいがちな、キケンな予防法についても、説明いたします。

基本は、少しだけ様子を見て、観察して、病院です。

 

 

猫のニキビは放置しないで!

猫のニキビができる場所は、顔がほとんどです。

顎ニキビと、くち周りのニキビが、とくに多いと言われています。

 

初期は、「かゆい」「痛い」といった症状はみられませんので、放置してしまう人もいるかも知れません。

なんとなく、猫の口のあたりが黒っぽい。

その内に、いつもとちがう皮膚の様子に気づくと思います。ですから、放置はダメなのです。

 

「猫自身が気にしていないから大丈夫」

「ブツブツは少量だし、平気だろう」

その放置、待ってください!その放置の判断はキケンです。

悪化すると、皮膚のただれ、出血などにつながります。

 

飼い主さんがケアするか、病院へ連れて行くか。

なんらかの対処が必要です。

当たり前ですが、猫は自分で病院に行けませんし、自分から行きたいともいいません。症状が軽い場合の自宅での対処法もご紹介します。

 

 

猫のニキビには専用の薬を

猫のニキビが悪化している?

かゆがったり、痛がるのは悪化のサインです。

 

腫れたり、血が出たり、炎症のあるニキビは〝ざそう〟と呼ばれます。

ひどいと、脱毛してしまう猫もいます。

悪化したら迷わず病院へいきましょう。

 

たまに、人間用のニキビの薬を猫に使ってしまう人がいます。

とてもキケンなので、絶対に使ってはいけません。

消毒液もやめておきましょう。

薬の成分によっては、中毒症状をひきおこします。

 

病院では、猫の症状に合った薬を処方してもらえます。

抗菌作用のある飲み薬や、ぬり薬を使用します。

ステロイドが処方されることもあります。

ひどくなる前に、早めに対処してあげましょう。

 

 

猫のニキビの取り方

猫のニキビは、黒いブツブツがほんの少しなら、まだ軽度です。飼い主さんが、ケアしてあげることも可能です。

①ガーゼやコットンを40℃前後のお湯に浸してぎゅっと絞ります。

②口元から顎下に向かって、やさしく拭いてあげましょう。ゴシゴシ擦るのは皮膚を痛めてしまうのでNGです。

③口より上を拭く時は、鼻から口角にかけて、毛の流れに沿って拭いてあげましょう。

 

柔らかいタオルでも大丈夫です。

 

ふだんから、ニキビ予防として行うのがおすすめです。

食事のあとに、フードのかす汚れをとってあげましょう。

 

強くこすると、皮膚に炎症が出る場合もあります。

拭き方をまちがえると、逆効果になってしまいます。

拭いても改善がなければ、病院で相談してくださいね。

 

 

猫の顎ニキビは他の猫にもうつる?

猫のニキビの中で、顎にできるものを、顎ニキビといいます。

猫は体をなめてグルーミングをします。

体の清潔を保つための習慣です。

 

しかし、顎にはグルーミングがとどきません。

顎の汚れがとれず、ニキビができやすくなります。

 

顎ニキビは、一緒に暮らす猫にもうつるのでしょうか?

ダニが原因のニキビもあるため、気になりますよね。

 

心配いりません。

他の猫や人には、うつらないと言われています。

ただ、ノミダニ対策の薬を使うなど、ダニ予防は大切です。

季節によっては、一緒に暮らす猫すべてに予防が必要です。

 

ノミダニ対策の薬は、病院で購入できます。

相談してみてくださいね。

 

 

猫の顎ニキビ対策に毛を剃るのはキケン!

猫の顎ニキビを減らそうと、毛を剃ってしまう人がいます。

カミソリで毛を剃ると、ニキビを悪化させる恐れがあります。

皮膚を痛めてしまい、菌の繁殖も心配です。

 

カミソリは、猫が暴れてしまうと、とてもキケンです。

毛を剃る、無理にこするなどの、手荒な方法は避けましょう。

かならず、やさしく拭きとるようにしてください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫のニキビは、症状が軽い場合も多いです。

飼い主さんが、気づいていないケースもあります。

日頃から、猫の口の周りや、顎をチェックしてみましょう。

 

顔を拭かれることにも、慣れさせてください。

ニキビの悪化で、薬を塗る必要があれば、スムーズにできるでしょう。

 

ニキビができやすい年齢は無く、どんな猫でも、ニキビはできます。

年齢よりも、生活環境のほうが、影響しやすいです。

 

飲み水を短時間でとりかえ、食器をすぐに洗うことも大切です。

簡単にできる対策が、重要なのです。

猫にストレスをあたえず、ニキビとは縁のない生活を、目指したいですね。

 

 

関連記事一覧

猫が病気?異変が起きてる!大丈夫なのか

タイトルとURLをコピーしました