去勢・避妊

関連記事

  1. 猫の発情期対策|去勢と避妊について
  2. 猫の去勢費用はどのくらいかかる?実態を教えて!
  3. 猫を去勢するとメリットがたくさん!時期や費用・手術の流れ
  4. 猫の去勢後のショック|ごはんはいつから与えればいい
  5. 猫の去勢時期を見極める!いつがいいなの?理由や事例は?
  6. 猫の去勢手術について教えて!去勢手術の流れ
  7. 猫は去勢をしないとどうなる?どんな問題があるの?
  8. 猫の「発情期」の時期と対処・オスとメスの場合
  9. 猫が発情期にうるさいのはどうしたらいいの?
  10. 猫の避妊手術が失敗する可能性はある?
  11. 猫の避妊手術の助成金について|各地域ごと
  12. 猫の避妊手術の費用はどのくらいかかる?
  13. 猫の妊娠期間は67日位。お腹が大きいと気付いたら妊娠1ヶ月!
  14. 猫の避妊時期はいつが最適?
去勢・避妊

猫の妊娠期間は67日位。お腹が大きいと気付いたら妊娠1ヶ月!

猫の妊娠期間は約2ヶ月です。お腹が大きいと感じた時には既に妊娠1ヶ月となります。出産日が近づくにつれ神経質になっていきます。ダンボールなどにペットシーツやブランケットを敷いて産箱を用意しましょう。猫にも早産・難産がありますので、獣医さんと連携して出産に備えましょう。
去勢・避妊

猫の去勢手術について教えて!去勢手術の流れ

猫の去勢手術は10分ほどで終わります。よほどのことがない限り、失敗はないでしょう。日帰りで行われるほどです。術後は傷口を気にして舐めすぎてしまう場合があるため、エリザベスカラーでケアしてあげましょう。手術の12時間前から絶食となります。
去勢・避妊

猫の発情期対策|去勢と避妊について

猫の発情期の問題行動の対策には、去勢や避妊手術をすることです。手術をすると病気の予防にもなります。手術は日帰りから1泊のことが多いです。手術後は太りやすくなりますので気をつけましょう。飼い主がいない猫の避妊手術の助成を行っている地域もあります。
スポンサーリンク
去勢・避妊

猫の去勢費用はどのくらいかかる?実態を教えて!

猫の去勢手術費用は、地域差もありますが、15,000円程度と言われています。ペット保険適応外のことが多く、手術前の検査費用やお薬代なども考慮して起きましょう。手術時間は10分程度で、日帰り手術のことが多いです。
去勢・避妊

猫の避妊時期はいつが最適?愛猫のために見極めよう!

猫の避妊手術はいつまでにするのが最適でしょう。猫の個体差にもよりますが生後6ヶ月〜8ヶ月が良いとされています。避妊手術は病気予防にもなり、発情期の問題行動も回避できます。太りやすくなりますが、猫のためにも避妊手術は頭に入れて起きましょう。
去勢・避妊

猫の避妊手術の助成金について|各地域ごと

猫の避妊手術の、助成金が交付される地域があることをご存知ですか? 飼い主さんのいない猫を対象に、そういった制度がある地域があります。 これは、望まない繁殖を防ぎ、環境を整備するための交付です。 こちらの記事を読んでくださいますと、「猫...
去勢・避妊

猫の去勢後のショック|ごはんはいつから与えればいい

猫の去勢後は傷口を気にして舐めてしまうので、エリザベスカラーがおすすめです。去勢をするとおとなしくなり甘えん坊になることが多いです。男性ホルモンの分泌量が減り太りやすくなりますので、体重管理はとても重要です。
去勢・避妊

猫を去勢するとメリットがたくさん!時期や費用・手術の流れ

猫の去勢のメリットは、望まない妊娠や発情期の問題行動を回避できるようになります。精巣腫瘍の予防にもなります。術後はホルモンの影響で運動量が減り、おとなしくなる傾向があります。甘えん坊になる猫も多いです。太りやすくなるので体重管理が大事になります。
去勢・避妊

猫の避妊手術の費用はどのくらいかかる?

猫の避妊手術の費用は一般的に2万円から3万5千円くらいなことが多いです。地域によっても相場が違い、野良猫の手術には助成金が出たり、福岡県では飼育している猫にも適用されるケースがあリます。猫にとって大事な手術なので、事前に確認をして備えましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました