去勢・避妊

関連記事

  1. 猫の発情期対策|去勢と避妊について
  2. 猫の去勢費用はどのくらいかかる?実態を教えて!
  3. 猫を去勢するとメリットがたくさん!時期や費用・手術の流れ
  4. 猫の去勢後のショック|ごはんはいつから与えればいい
  5. 猫の去勢時期を見極める!いつがいいなの?理由や事例は?
  6. 猫の去勢手術について教えて!去勢手術の流れ
  7. 猫は去勢をしないとどうなる?どんな問題があるの?
  8. 猫の「発情期」の時期と対処・オスとメスの場合
  9. 猫が発情期にうるさいのはどうしたらいいの?
  10. 猫の避妊手術が失敗する可能性はある?
  11. 猫の避妊手術の助成金について|各地域ごと
  12. 猫の避妊手術の費用はどのくらいかかる?
  13. 猫の妊娠期間は67日位。お腹が大きいと気付いたら妊娠1ヶ月!
  14. 猫の避妊時期はいつが最適?
去勢・避妊

猫の「発情期」の時期と対処・オスとメスの場合

猫の最初の発情期は生後7ヶ月くらいにやってきます。メスの猫が発情するとオス猫はさかり出します。交尾ができないと、うるさい声で鳴いたり、外に飛び出したりすることもあります。オス猫はマーキングもします。猫と飼い主がストレスなく快適に暮らしていくためには去勢や避妊手術をおすすめします。
去勢

猫は去勢をしないとどうなる?どんな問題があるの?

猫が去勢をしないと病気になりやすくなります。発情期にはマーキングや激しく鳴いたり問題行動を起こします。ケンカが増え怪我をするリスクや、気づくと繁殖していることもあります。メリットが多いので、飼育崩壊にならないためにも去勢手術を検討してみませんか。
去勢・避妊

猫の避妊手術の費用はどのくらいかかる?

猫の避妊手術の費用は一般的に2万円から3万5千円くらいなことが多いです。地域によっても相場が違い、野良猫の手術には助成金が出たり、福岡県では飼育している猫にも適用されるケースがあリます。猫にとって大事な手術なので、事前に確認をして備えましょう。
去勢・避妊

猫の発情期対策|去勢と避妊について

猫の発情期の問題行動の対策には、去勢や避妊手術をすることです。手術をすると病気の予防にもなります。手術は日帰りから1泊のことが多いです。手術後は太りやすくなりますので気をつけましょう。飼い主がいない猫の避妊手術の助成を行っている地域もあります。
去勢・避妊

猫の避妊手術が失敗する可能性はあるの?

猫の避妊手術は失敗する確率はかなり低いですが、全身麻酔をするため0ではありません。しかし、避妊手術をすることによって、病気予防になり、発情期の問題行動を回避できるというメリットがあります。
去勢・避妊

猫の去勢後のショック|ごはんはいつから与えればいい

猫の去勢後は傷口を気にして舐めてしまうので、エリザベスカラーがおすすめです。去勢をするとおとなしくなり甘えん坊になることが多いです。男性ホルモンの分泌量が減り太りやすくなりますので、体重管理はとても重要です。
去勢

猫の去勢費用はどのくらいかかる?実態を教えて!

猫の去勢手術費用は、地域差もありますが、15,000円程度と言われています。ペット保険適応外のことが多く、手術前の検査費用やお薬代なども考慮して起きましょう。手術時間は10分程度で、日帰り手術のことが多いです。
去勢・避妊

猫が発情期にうるさいのはどうしたらいいの?

猫の発情期の鳴き声の対策は去勢・避妊手術しかありません。発情期はいつも以上に神経質になっているので、攻撃的になる場合があります。。眠れないほどうるさく鳴くこともありますが、大きな声で怒ったりせずに、優しく見守りましょう
去勢・避妊

猫の去勢時期を見極める!いつがいいの?理由や事例は?

オス猫の去勢時期は生後6ヶ月から相応とされています。遅すぎると、マーキングなどの問題行動がある場合は、手術をしても改善されない場合があります。成長が未熟だったり、睾丸が2つ確認できない場合などは生後6ヶ月を過ぎても様子を見ることがあります。
去勢・避妊

猫を去勢するとメリットがたくさん!時期や費用・手術の流れ

猫の去勢のメリットは、望まない妊娠や発情期の問題行動を回避できるようになります。精巣腫瘍の予防にもなります。術後はホルモンの影響で運動量が減り、おとなしくなる傾向があります。甘えん坊になる猫も多いです。太りやすくなるので体重管理が大事になります。
タイトルとURLをコピーしました