猫は去勢しないとどうなる?どんな問題があるの?

スポンサーリンク
猫の去勢 注意

猫は去勢しないと、どうなるのでしょう。

手術の内容は、麻酔をして、精巣を摘出するというもの。

去勢しないとなりやすい病気、日常で支障をきたすことなど、様々な問題が起こり得ます。

 

当記事を読んでくださいますと、「猫が去勢しないと起こり得る問題」について、ご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫は去勢しないとどうなる?必要な理由を教えて!

猫 去勢しないとどうなる

猫は去勢しないと、なりやすい病気や日常で支障をきたすことがあります。

猫を飼うなら、去勢しないと、さまざまなリスクがあるのです。

では、去勢しないといけない理由を見ていきましょう。

 

猫は去勢しないとどうなる|乳腺腫瘍になりやすい

猫は去勢しないと、乳腺腫瘍を予防しにくくなってしまいます。

それは、去勢しないと、発情を抑えることが出来ないからです。

ねこは、発情するとホルモンが分泌され、乳腺に刺激を与えてしまいます。

乳腺が刺激されると、乳腺腫瘍になりやすく、本格的な治療が必要となってしまいます。

 

最初の発情の前に去勢しないと、そのリスクが高くなってしまうのです。

猫の乳腺腫瘍は、ほとんどの場合が悪性と言われています。

また、メスだけだと思われがちですが、オスもかかる病気です。

メスよりも確率としては高くはありませんが、油断は禁物。

 

ほとんどの場合は10歳くらいでかかる病気ですが、若くてもなる可能性はあります。

早期に去勢しないとリスクがありますので、しっかりと考えるべきですよ。

 

 

猫は去勢しないと|発情してしまう

去勢しないと、猫が発情してしまうリスクもあります。

オスは、発情したメス猫に出会うと激しく鳴いたり、マーキングをしてしまいます。

メスの場合も激しく鳴いたり、過剰なほど甘えたりといった行動が見られるでしょう。

 

室内で1匹のみで飼っている場合は、交尾ができない状態ですよね。

それなのに発情すると、猫にもストレスがかかってしまいます。

また、大きな鳴き声は近所迷惑の原因となってしまいますよ。

去勢しないと、近隣からのクレームの対応も必要となってしまうでしょう。

 

 

猫は去勢しないとどうなる|繁殖しすぎる

去勢しないと、当然交尾をした分繁殖してしまいます。

責任を持って飼えるなら問題ありませんが、近年では多頭飼育崩壊などのニュースもよく見かけますよね。

 

行き場をなくした子は、運が良ければ引き取られますが、死に至る可能性もあります。

また、去勢しないと、外へ放し飼いをしている場合も、知らぬ間に繁殖していることもあるのです。

 

 

猫は去勢しないとどうなる|ケンカしやすくなる

猫は去勢しないと、攻撃的になってしまうこともあります。

特にオスは縄張り意識が強く、去勢しないと、ますますそれが強くなってしまうのです。

 

外に放している場合、多頭飼いの場合は、ケンカが増えてしまいますよ。

他の猫とケンカをしやすくなると、その分怪我などをしてしまう可能性も高くなります。

ケンカを防ぐことで、他の猫との関わりが減り、感染症の予防にも繋がりますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫は去勢しないと、多くのリスクがあります。

日常的に支障をきたすことがある他、命に関わることもあるのです。

病気になってしまう可能性、発情や繁殖、性格のことにまで関わってきます。

 

去勢しないことは、どのようなことに繋がるのか、一度考えてみてください。

去勢するデメリットはほとんどありませんので、早めに検討することをオススメします。

手術自体は10分ほど、麻酔で目が覚めるまでを含めても1時間ほどで終わります。

 

猫にとって負担がないとは言い切れませんが、しない方がデメリットが多いです。

猫と長く一緒にいるためにも、去勢しないとどうなってしまうのかということと、向き合ってみてくださいね。

 

 

猫の去勢費用はどのくらいかかる?実態を教えて!

猫が発情期にうるさいのはどうしたらいいの?

猫の去勢時期を見極める!いつなの?理由や事例は?

タイトルとURLをコピーしました