猫はミントが嫌い!有害なものもある!例外はキャットミントだけ

スポンサーリンク
猫 ミント 注意

ミントの香りに、嫌な顔をする猫を見たことはありませんか?

しかし、一方で湿布などの匂いに、異様に反応する猫もいるんです。

そんなミントは、猫にとって安全なのでしょうか。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫にとってのミント」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫はミントが嫌い!危険なものもあり!

猫 ミント 嫌い

ミントの香りが嫌いな猫もいますが、好む場合もあります。

またたびに反応するように、恍惚とすることもありますが、果たして安全なのでしょうか。

では、安全なもの、危険なものそれぞれ見ていきましょう。

 

 

猫はミントが嫌い|オイル

猫にとって、アロマオイルは良くない話はよく聞きますよね。

アロマオイルには、不純物などが含まれていないため、濃度がとても高いんです。

ミントのオイルも同様、少しの量にもたくさんのミントが含まれています。

 

しかし、そんな濃いオイルにも関わらず、匂いに反応した猫が近付いてくることもありますよね。

オイルを万が一口にしてしまうと、体内で分解できずに中毒を起こしてしまいます。

口にしなくとも、肌に触れただけで体内に浸透し、中毒症状を引き起こすこともあるんです。

 

場合によっては死に至ることもあり、側には置かないことをオススメします。

たった一滴でも危険なので、十分に注意しましょう。

 

 

キャットミント

キャットミントには、猫が好きな成分が含まれています。

西洋マタタビとも呼ばれていて、マタタビを与えた時と同じような反応を示すことも。

匂いはもちろん味を好む猫も多く、目の前にあるとムシャムシャと食べるでしょう。

 

ただ、少量なら問題はありませんが、食べ過ぎはNGです。

喜ぶからと言って与えすぎると、中毒を引き起こす可能性があります。

日常的に与えるのではなく、遊ばせる時など、一時的にだけ使うことをオススメします。

 

猫はミントが嫌い|ガム

ミントガムの中には、キシリトールが含まれています。

このキシリトールが、猫にとって非常に有毒なんです。

キシリトールの摂取は、血糖値が急激に下がり、低血糖などを引き起こす原因になってしまいます。

ほんの少しの摂取でも危険ですので、絶対に口にしないようにしましょう。

 

湿布

ミントは、湿布などにも使われています。

その他にも、湿布にはロキソニンやボルタレンなど、強い効き目のある成分が含まれています。

それらは、猫にとって非常に有害です。

 

ミントの匂いに顔をしかめる猫もいますが、一方でそれを好む場合もあります。

しかし、中毒症状が出る可能性があるため、口にしないよう注意しましょう。

また、湿布を貼った手などで猫を撫でたりするのも避けた方が良いです。

 

撫でた時に湿布の成分が、毛に付着してしまうと、毛繕いする際などに体の中に取り込まれてしまいます。

湿布を使用する際や収納場所には、十分に注意してくださいね。

 

虫除けスプレー

夏によく使われる虫除けスプレーにも、ミント成分が含まれていることも。

あまりよく考えずに日常使いしていると、猫の体調不良の原因となってしまう恐れがあります。

使うのは外でだけにするなど、よく考えて使ってくださいね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ミントは、意外と日常使いするものです。

そして、匂いが好きな猫は、意外と多いですよね。

特に、キャットミントは西洋マタタビとも呼ばれ、猫が好きな成分が含まれていて当然とも言えます。

しかし、キャットミント以外のミントには注意したほうが良いでしょう。

 

猫の中にはミントの匂いが嫌いな子もいますが、取り扱いには十分に注意が必要です。

誤って口にしてしまうと、死に至ることもあります。

目につくところには置かないほうが良いかもしれませんね。

 

 

関連記事一覧

  1. 猫には食べてもいい食べ物と危険な食べ物があります
  2. 猫が水飲まない!心配!大丈夫なのかウチの猫
  3. 猫が玉ねぎを食べてしまうと大変に危険です
  4. 猫に野菜はいらない!食べてもいい野菜は?!
  5. 猫がきゅうりに驚く動画が話題!でも猫にとっては・・・
  6. 猫がイカを食べた!大丈夫なのか?
  7. 猫に魚はよくない!好きというのは誤解だった!本当は食べない
  8. 猫に鰹節をあげると結石が出来たり、腎臓の病気になる可能性
  9. 猫はミントが嫌い!有害なものもある!例外はキャットミントだけ(当記事)
タイトルとURLをコピーしました