猫のデオトイレは掃除が簡単!専用の砂とシートで臭いもしない!

猫とトイレ 飼う

臭いがしないと評判の猫のデオトイレ。

デオトイレを使うメリットやデメリットには、どのようなものがあるのか。

 

一番は、掃除が超簡単!であること。

もう一つは、専用の砂とシートで、本当に臭いがしません。

これが最高のメリットです。

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫のデオトイレ」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫のデオトイレは掃除が簡単!臭いがしない!

猫 デオトイレ 掃除

 

猫のデオトイレは、掃除が楽チンで、閉めきった部屋でも臭いがしないことで評判ですよね。

他のトイレと比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的なメリットをみていきましょう。

 

猫のデオトイレ|掃除が少なくて済む

猫のデオトイレは2層式になっています。

上の部分はスノコで、専用の砂を敷き、その下のトレーにはペットシーツを敷く構造です。

 

そのため、排尿をしてもスノコを通り抜けるだけなので、都度掃除をしなくても済みます。

掃除が必要なのは、排便をした時のみで良いのです。

ペットシーツ自体も1週間ほど持つため、取り替えるのも楽チン。

専用の砂も、通常トイレの砂よりも飛び散りにくいので、トイレ付近の掃除も少なくて済みます。

 

猫のデオトイレ|消臭効果がある・臭いがしない

通常のトイレでも、消臭効果の高い猫砂は見かけますよね。

しかし、デオトイレでは専用の砂に加え、ペットシーツにも消臭効果があります。

ペットシーツは1週間取り替え不要ですが、それでもにおいは気になりません。

 

猫のデオトイレ|おしっこの色の確認ができる

猫は、泌尿器系の病気にかかりやすいですよね。

通常のトイレだと、おしっこの色がわからなかったり、採尿もしづらく、苦戦してしまいがちです。

 

しかし、デオトイレなら真っ白なペットシーツに、吸収されたおしっこの色を確認できます。

採尿の際も、ペットシーツを裏返し、吸収されない面におしっこを溜め、スポイトで吸い取ることができます。

裏返さず、ラップを敷いて採尿する方法もあり、苦戦する必要もないのです。

 

 

スポンサーリンク

猫のデオトイレのデメリット

猫のデオトイレに、デメリットはあるのでしょうか。

通常のトイレと比べ、どのような違いがあるのでしょう。

猫のデオトイレのデメリットを、詳しく見ていきましょう。

 

猫のデオトイレ|値段が高い

通常のトイレの猫砂は、素材にもよりますが、比較的安価なものが多いですよね。

それと比べると、デオトイレ用の猫砂は少し値段が高めです。

 

また、猫砂に加え、ペットシーツを購入する必要もあります。

総合的に、費用はかかってしまうと言えるでしょう。

しかし、消臭効果やお掃除の手間を考えると、コスパは良いですよ。

 

 

猫のデオトイレ|洗い方が大変

通常のトイレよりも、デオトイレはパーツが多いですよね。

その分、洗うのが大変というデメリットもあります。

 

パーツをばらして洗う手間に加え、すのこに詰まった砂を取り除く作業もあります。

また、衛生的に、パーツをばらしたまま乾かす必要があり、場所もとるでしょう。

自然乾燥の前に、デオトイレをキッチンペーパーで拭くなど、工夫をしてみてくださいね。

 

猫のデオトイレ|猫がトレー部分を開けてしまう可能性がある

何かの拍子に、猫がデオトイレのトレー部分を開けることを、覚えてしまう可能性もあります。

猫は一度そのようなことを覚えると、繰り返してしまうことも。

 

すぐに気がつくことができれば問題ありませんが、留守中にいたずらされるのは困りますよね。

デオトイレのペットシーツで遊んでしまうこともあり、衛生的にもよくありません。

開けてしまうようであれば、トレー部分が開かないよう、何かしらの対策が必要になります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫のデオトイレは、日々のお掃除も、部屋の清潔感も保ってくれます。

これは、飼い主さんにとっても、猫にとってもメリットと言えるでしょう。

しかし、コストがかかってしまったり、いたずらの心配はあります。

ずっと使い続けることを考えた上で、トイレ選びをしてみてくださいね。

 

 

関連記事一覧

猫グッズ|一緒に暮らすためのグッズを徹底解明

猫のトイレ砂の種類と特徴|選ぶポイント

猫のデオトイレは掃除が簡単!専用の砂とシートで臭いもしない! *当記事

タイトルとURLをコピーしました