猫はお風呂嫌い!猫を洗う方法は?

スポンサーリンク
猫 風呂 飼う

嫌がる猫をお風呂に入れて、洗う必要はあるのでしょうか。

基本的にその必要はなく、毛繕いで綺麗なままいられます。

しかし、時には洗う必要がある時も出てきますよね。

こちらの記事を読んでくださいますと、風呂が嫌いな猫を風呂に入れ洗う方法についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫は風呂が嫌いなのに猫を洗う必要がある?

猫 洗う必要がある?

 

基本的に猫をお風呂に入れたり洗う必要はありませんが、状況によっては、その必要が出てくることもあります。

衛生的に洗った方が良い場合や長毛種の場合などは、必要に応じてお風呂に入れて洗ってあげましょう。

では、さっそく猫をお風呂に入れて洗う必要があるのはどんな時かみていきましょう。

 

 

猫をお風呂に入れる時は野良猫を飼う時

野良猫を飼う際、初めて家にあげる時は、お風呂に入れて洗ってあげた方が良いでしょう。

それは、汚れを落とすことと、ノミを落とすためです。

ノミがいることが明確な場合は、ノミ取り用シャンプーを使って洗うようにしましょう。

 

 

猫をお風呂に入れるのは外から汚れて帰ってきた時

猫を普段外に出している方も、少なくありませんよね。

野良猫を飼う時と同様、汚れやノミを落とすために、時にはお風呂に入れて洗う必要があります。

基本的に、泥や土なども毛繕いで綺麗になりますが、汚れがひどい時はお風呂に入れてあげましょう。

 

 

猫を洗う必要がある粗相をした時、お風呂にいれる

思わぬところで粗相をしてしまい、汚れてしまうことも時にはあるでしょう。

そんな時は、衛生的にもお風呂に入れて洗ってあげた方が良いでしょう。

また、毛繕いをあまりしない場合は、お尻周りが汚れやすく、放っておくわけにもいきません。

ペット用のウェットシートで拭いてあげても良いですが、それでも取れない時は洗ってあげましょう。

年齢と共に、毛繕いの回数が減ってくるということもあります。

 

猫をお風呂に入れて洗う必要がある?長毛種の場合

長毛種の場合も、お尻周りが汚れやすいですよね。

ペット用のウェットシートや、毛をカットするなど、様々な方法がありますが、時にはお風呂に入れて洗う必要もありますね。

また、特に換毛期は、抜け毛が多く、毛玉も出来やすくなります。

適度に、お風呂に入れてあげてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

猫をお風呂に入れて洗う方法は

猫を洗う必要がある?

 

猫は、基本的に水に濡れることを嫌がりますので、お風呂に入ることを嫌がる猫が多いです。

それでも洗う必要がある時はどうしたら良いのでしょう。

猫にも飼い主さんにも、できるだけストレスなく、洗ってあげたいですよね。

では、さっそくスムーズに猫をお風呂で洗う方法を紹介します。

 

猫をお風呂で洗う時しぶきを立てない

水に濡れるのを嫌がる猫を、少しでもスムーズに洗うには、なるべくしぶきを立てないことが大切です。

特に、顔に水がかからないよう、十分に注意してお風呂に入れてあげましょう。

 

顔周りは、シャワーを直接当てるのではなく、手で少しずつぬるま湯をかけてあげてください。

顔や頭は濡れタオルで拭いてあげる程度にしてくださいね。

体にシャワーを当てる際も、水圧は弱めに調節してあげましょう。

 

 

猫をお風呂に入れるのが大変なら2人がかりで

1人で猫をお風呂に入れると、大惨事になってしまうこともありますよね。

しかし、2人がかりでなら、少しはスムーズに入れられるのではないでしょうか。

1人は洗うことに専念し、もう1人は猫におやつを与えるなど、気を紛らわしてあげましょう。

また、この時にスムーズに洗えるよう、お風呂の中で、体をしっかりとおさえてあげてください。

 

 

猫をお風呂で洗うのが難しいならドライシャンプーを使う

どうしてもお風呂を嫌がる場合は、ドライシャンプーを使うと良いでしょう。

水を使わなくて済むため、お風呂に入れるよりもストレスが軽減されるはずです。

ドライシャンプーには、スプレータイプのものや、泡状タイプ、パウダータイプなどがあります。

日常的に使うならスプレータイプ、念入りに洗いたい時は泡状タイプのものを使うと良いですよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

基本的には、猫をお風呂に入れて洗う必要はありません。

それは、毛繕いできれいな毛並みを保つことが可能だからです。

稀にお風呂好きな猫もいますが、嫌がられてしまうことがほとんどで、ストレスにもなります。

猫を洗う必要が出てきた時には、できるだけストレスの軽減を考えてあげてくださいね。

 

 

 

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました