猫の留守番にペットホテルはストレス!メリットとデメリット

スポンサーリンク
猫の留守番に ペットホテルはストレス 飼う

旅行をはじめ、急に家を空けなければならなくなった時に、猫に留守番をしてもらわなくてはなりません。

そのような時に、便利なペットホテル

しかし、いつもとは違う環境のペットホテルに、猫を預けても、猫のストレスなど大丈夫なのでしょうか?

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫に留守番をさせる時、ペットホテルに預ける際のメリットとデメリット」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫に留守番でペットホテルはストレス!でもメリットはある

猫 ペットホテル ストレス

猫には、ストレスになるペットホテルですが、猫を連れて行けない泊まりがある時、留守番をしてもらわないといけない時には、ペットホテルに預けざるを得ません。

猫には環境の変化があり、かわいそうですが、仕方がありません。

ペットホテルに預けるとなった時、どんなメリットがあるのでしょう。

ごはんやトイレの心配がいらないペットホテルは、猫にはストレスでも、飼い主さんにとってはメリットが多そうです。

では、猫をペットホテルに預ける際のメリットを確認します。

 

猫の留守番|ペットホテルには、専門のスタッフさんがいる

猫にとっては、ペットホテルはストレスです。

しかし、猫を連れていけない時(身内の不幸があったときなど)に、猫に留守番をしてもらうには、ペットホテルに預けるしかありません。

ペットホテルに預けるメリットとして、1番目に挙げられるのは、専門のスタッフさんがいるということ。

 

飼い主さんと離れて、猫が不調になってしまった時でも、側にいるスタッフさんが気が付いてくれるでしょう。

また、ご飯やトイレの心配もしなくて大丈夫そうですね。

ペットホテルなら、スタッフさんが常時猫の様子を見ていてくれる安心感があります。

飼い主が外泊するしかない時に、猫に留守番をしてもらうには、やはりペットホテルにメリットがあります。

 

猫の留守番|友人に頼む場合なら

猫に留守番をしてもらう時に、友人に頼むという方法もあります。

しかし、友人宅で留守番をしてもらうとなれば、猫をキャリーに入れたまま、預けることになります。

環境の違いも心配ですし、猫に詳しくない友人であれば、間違えて何か食べさせてしまうかもしれません。

 

しかし、猫に留守番を頼むときに、友人に自宅に泊まってもらうという方法もまたストレスがあります。

猫のストレスは少し軽減するかもしれませんが、代わりに泊まってもらう友人にとっては、ストレスでしょう。

また、留守中に、友人とは言っても他人が家に入るのは、飼い主にとってはストレスということもあるでしょう。

しかしペットホテルなら、そんな心配も無用です。

猫にとっては、ペットホテルがストレスでも、飼い主にとっては、他人を家に入れるストレスがないのは、やはり助かります。

 

猫の留守番|ペットホテルなら急な用事にも対応してくれる

急な出張や外泊、身内の不幸(お通夜)などで、家を空けなければいけないこともありますよね。

そんな時、ペットホテルに空きさえあれば、利用ができるはず。

猫の留守番を、ペットシッターさんや友人に頼む場合は、鍵の受け渡しなどが発生してしまいます。

そんな暇がない急な用事なら、ペットホテルが便利です。

 

 

スポンサーリンク

猫の留守番でペットホテルに預けるストレスとデメリット

猫 ペットホテルがストレス (1)

猫に留守番をしてもらう時に、ペットホテルに預けるとなった時、どんなデメリットがあるのでしょう。

ストレスを溜めやすい猫にとっては、デメリットがたくさんありそうですよね。

では、猫をペットホテルに預ける際のデメリットを確認します。

 

猫の留守番|猫にとってペットホテルはストレスがかかる

いつもと違う環境により、猫にストレスがかかってしまうことは間違いありません。

他の動物の鳴き声や、知らない人間にお世話をされなければならないことも、猫にはかなりのストレスになる可能性があります。

一晩家を空けるくらいなら、ペットホテルに預けずに、家でお留守番させるのが良いかもしれませんね。

どうしても心配な場合は、ペットシッターさんにお任せするという方法もありますよ。

 

猫のペットホテルは値段が高い

ペットホテルホテルにもよりますが、猫を一泊預けるとなると、やはりそれなりの料金が発生します。

ペットホテルの料金の相場は2,500円〜5,000円ほど。

時期によって、前後することもあるので、前もって調べておいた方が良さそうですね。

 

他の動物からうつる病気

ワクチン接種を条件としていることがほとんどですが、それでも避けられないのが、他の動物からの病気。

また、病気だけでなく、いつもと違う環境により、暴れて怪我をしてしまうことも。

ペットホテル側でも、対策をとっていることがほとんどですが、完全に避けられることではないでしょう。

ペットホテルから帰って来て、体調が悪そうな場合は、病院に連れて行くべき。

 

スポンサーリンク

まとめ

猫を飼っていると、飼い主の急な用事で、猫に泊まりの留守番をさせることが起きます。

猫をペットホテルに預けるなら、メリットとデメリットをよく考えた上で預けるべき。

飼い主さんにとっては、メリットが多くても、猫のことを考えると悩んでしまいますよね。

猫にペットホテルで留守番をさせる事は、飼い主にとっても、それなりにリスクがあると言うことです。

猫は2泊くらいまでなら、ごはんやトイレの準備をしておけば、お留守番できる生き物です。

また、ペットシッターさんも専門的な知識を持っているので、安心して預けられるでしょう。

このように、猫にお留守番をさせる方法は様々。

猫に合わせたお留守番方法を、考えてあげてくださいね。

 

 

  1. 猫を飼いたい!飼いかたを知ること|アレルギーでも幸せ
  2. 猫の多頭飼いについて知りたい!どんなことに気をつけるべき?
  3. 猫は一人暮らしでも飼えるか?
  4. 猫をケージ飼いするとき考えておくべき事
  5. 猫を飼うにはそれなりの費用がかかる
  6. 猫の外飼いは違法ではないが寿命を縮めてしまう可能性が大!
  7. 猫のトイレのしつけ|失敗しないための方法
  8. 犬と猫の同居って、喧嘩しない?大丈夫なの?
  9. 猫2匹目では性別で相性悪いかも?注意してあげよう猫の2匹目の性別
  10. 猫が爪とぎをしてしまう前に壁対策をしよう!賃貸借りる時は特に!
  11. 猫の育て方|人の言うことを聞くようになる?
タイトルとURLをコピーしました