猫の老化のサイン|シニア期に入ったら見直そう

飼う

現在、家猫ちゃんの平均寿命は約15歳と言われています。

⚪子猫期 0〜1歳  人間で言うと、未成年

⚪成猫期 1〜6歳  人間で言うと、成人からアラフォー

⚪壮年期 7〜10歳  人間で言うと、中年

⚪中年期 11〜14歳  人間で言うと、シニア

⚪老猫期 15歳〜  人間で言うと、後期高齢者

 

スポンサーリンク

猫の老化

猫ちゃんの個体差はありますが、10歳くらいから段々と老化のサインが見られるようになります。

見た目には、あまり変化が感じられなくても、老化は止められません。

老化のサインが見られたら、フードや生活環境を見直してあげましょう。

猫ちゃんもシニア以降は病気になりやすくなります。些細な変化が病気のサインのこともあります。「歳のせい…」と判断せず、老化のサインなのか病気のサインなのか、見逃さないようにしましょう。

 

老化のサイン

⚪寝て過ごす時間が増える

⚪毛艶がなくなり、毛自体が細くなる

⚪目やにがよく出る

⚪口の周りに白い毛が増える

⚪口臭がきつくなる

⚪歯が弱くなる

⚪体のハリやしなやかさが低下する

⚪高い所に上がれなくなる

⚪脂肪が目立つようになる

⚪視力が聴力が低下し、反応が鈍くなる

 

病気のサイン

シニア期に多い猫ちゃんの病気のサイン

⚪飲水量が増える

腎臓病・糖尿病・甲状腺機能亢進症

 

⚪体重が減少

食欲がなく体重が減少 → 腎臓病・悪性腫瘍

食欲があり体重が減少 → 糖尿病・甲状腺機能亢進症

 

⚪お腹が膨れている → リンパ腫・乳がん

 

「歳だからと…」と、見逃されがちな病気のサインです。明らかに痛がったり、ぐったりした時には、病気が重症化していることもありますので、異変に気づいたら、病院を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

毎日行う健康チェック

日頃からスキンシップを兼ねて、体全体を撫でて慣らして起きましょう。

毎日撫でることで異変にも気付けるでしょう。

異変があったり、猫ちゃんの様子がおかしいと感じたら、写真や動画を撮って置くのもいいでしょう。診察の参考になることもあります。

 

チェック項目

⚪おしっこやうんち

回数・色・匂い・量・下痢・便秘

 

⚪触診

触ると痛がる、触ろうとすると嫌がる・怒る

お腹が膨れていたり、どこかにしこりはないか

脱毛はないか

 

⚪飲食

食欲がない、全く食べない。逆に食べ過ぎる

水を飲まない。逆に飲み過ぎる

 

⚪行動

興奮状態が続いたり、落ち着きがない

ふらふらしている。歩き方がおかしい。

発作や痙攣がある

呼吸が荒い・速い

 

部位別チェック項目

⚪耳

嫌な匂いがする。

耳を執拗に掻く。

耳の周りが脱毛している。

耳が熱すぎる。

 

 

⚪鼻

起きている時、鼻が乾いている。

鼻水が出る、または、鼻が詰まっている。

くしゃみを頻繁にする

鼻血が出る

 

⚪目

白目の部分が黄色 → 黄疸

白目の部分が赤 → 結膜炎・緑内障

涙や目やにがたくさん出る

 

⚪口

口臭がきつい

よだれが出る

歯茎から血が出ている

 

⚪皮膚

発疹がある

体を執拗に舐める・引っ掻く

脱毛している

背中の皮膚をつまんだ後、なかなか元に戻らない

 

10歳までは、年に1回健康診断を受けましょう。11歳からは半年に1回のペースで受けましょう。

 

スポンサーリンク

シニア期に入ったら猫の環境を見直そう

シニアの猫ちゃんは、人間同様、病気のリスクが高くなります。ストレスで病気になりやすい猫ちゃんのために、ストレスフリーな環境を整えましょう。

 

見直す項目

⚪フード

10歳を超えたら、少しずつシニアのフードに移行しましょう。シニアになってから偏食になる猫ちゃんもいます。フードを温めてあげるのもいいでしょう。それでも食べない時は、お気に入りのおやつやフードを予め見つけておき、与えましょう。猫ちゃんが丸1日食べないと、命にかかわることがありますので、注意が必要です。

 

⚪お水

高齢になるほど、猫ちゃんも動くのが億劫になります。猫ちゃんの通り道に水飲み場を複数箇所、設置してあげましょう。

 

⚪トイレを増やす

猫ちゃんも足腰が弱くなります。トイレに間に合わなくなることも出てきます。トイレの数を増やしたり、周りにペットシートを敷いておくのもいいでしょう。

 

⚪ブラッシングや爪切り

シニアになると、だんだんとグルーミングの回数が減って行きます。飼い主さんがブラッシングをしてあげましょう。毛の汚れが気になる場合は、40℃くらいの蒸しタオルで拭いてあげましょう。

シニアになると、爪が出たままになってくるので、カーテンやカーペットに引っかかったり、肉球が傷ついたりするので、こまめに爪切りをしてあげましょう。

 

⚪引っ越しや模様替えを控える

猫ちゃんにとって環境の変化はストレスとなります。シニア猫にとっては尚更です。どうしても引っ越しが避けられない場合は、引越し先での受診先を調べておきましょう。現在のかかりつけ医に紹介してもらうのも良いでしょう。

引っ越し作業中は現場から離れておいた方が良いでしょう(キャリーに入れ、飼い主さんと車で待つなど)。新しい住居には、全ての荷物が入れ終わってから入るようにしましょう。

今まで使っていた物を持って行きましょう。特に猫ちゃんグッズは新調しないで下さい。

猫ちゃんが不安にならないように、出来るだけそっと見守り、猫ちゃんだけでのお留守番は、しばらくは止めましょう。

模様替えやリフォームは止めましょう。

 

⚪新しい猫ちゃんのお迎えはしない

現在、多頭飼いしているとしても、ストレスになることにはかわりありません。持病のある猫ちゃんだとストレスで悪化する場合もあります。

 

⚪たばこは止める

禁煙が無理なら、喫煙場所を決めて、その中に猫ちゃんを入れないようにして下さい。たばこは、猫ちゃんのリンパ腫発生率を高めることが、明らかにされています。

 

⚪アロマや芳香剤は置かない

猫にとって植物は、危険なものがたくさんあります。アロマなどの精油は、植物のエキスを濃縮して作られているので、中毒症状を起こす場合があり危険です。

芳香剤もアロマと同じ成分が含まれていたり、含有量がわからなかったりするので使用は止めましょう。消臭剤も成分を確認し、安全なものだけを使って下さい。

どうしても匂いが気になる場合、空気清浄機を使うことをおすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました