ネコに扇風機はやめて!気をつけてあげないと危ないです

スポンサーリンク
猫 扇風機 飼う

真夏になると、猫が扇風機の下で、ネコがたたずんでいる風景は見たことはありませんか?

よく見ると、扇風機の風はあたってないし・・・

実は、扇風機で涼んでいるわけではないのです。

当記事を読んでくださいますと、「ネコの近くに扇風機を置くときの注意」について、ご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫に扇風機は実は危険!

猫 扇風機 危ない

 

猫に扇風機を当てすぎると、危険です。

人間も危険と言われますが、猫にとっても危険です。

 

猫も熱中症になる|扇風機は暑さ対策にならない

猫も熱中症になります。

高温多湿(気温30度以上、湿度60%以上)で部屋を締め切ってると、猫も熱中症になってしまいます。

室内飼いの猫にとって、夏場に締め切った部屋で留守番をするのは、危険な状況にあるのです。

 

猫は、汗をかけない生き物です。

正確には、肉球と鼻からしか汗をかけない生き物です。

体の中に、熱がこもってしまい、熱中症になってしまうのです。

 

ただ、扇風機では体温を下げることはできません。

風通しを良くしてあげること、自分で少しでも涼しいところを探せるように、家の中のドアは開けてエアコンをつけてあげるしかありません。

良かれと思って、扇風機で風を当ててあげても、風で窒息する可能性も考えられます。

 

 

猫に扇風機は危ない|動くものに反応して事故になるかも

猫が扇風機で遊んでる姿を見たことはありませんか?

扇風機の動きに反応しているのです。

可愛らしくも見えますが、実はとても危険です。

 

猫は、動くものに反応して、ジッと見つめて、手を出してしまいます。

動いてる扇風機にも、手を出してしまい、事故になってしまう可能性があります。

動いている羽根に、猫が手を出すと危ないです。

扇風機で遊ばないように、注意してあげてください。

扇風機を置くのなら、羽根のない扇風機がいいです。

 

 

スポンサーリンク

猫はなぜ扇風機の下が好きなのか

猫 扇風機 危ない

扇風機の下で、猫が寝ている姿を見たことはありませんか。

風が当たっていないので、涼しいわけもないですね。

では、その場所を好む理由を見ていきましょう。

 

猫は扇風機の下の台座が好き

扇風機の下には、台座がありますね。

扇風機の下の台座のところで、猫が寝ていますね。

実は、猫は扇風機の下の台座が好きなようです。

もしかすると、真夏のエアコンで体が冷えてしまい、暖をとっているという説もありますが、真実は微妙です。

不思議な光景です。

 

扇風機の台座と、床面との間に、少し段差があるので、枕のようにして使うこともあるそうです。

謎ですが、猫の落ち着ける場所の一つのようです。

 

 

猫は扇風機で涼しいわけじゃない

猫は、体の表面に汗腺がありません。

ですから、人間のように、扇風機の風邪にあたっても、涼しいとは感じないのです。

猫は、肉球と鼻でしか、汗をかけません。

 

犬にも汗腺はありませんが、口を開けて、舌を出して、ハアハアとしていて、体温調節をしています。

しかし、猫の場合は、犬よりも体が小さくて、熱が放出しやすいので、犬のように、ハアハアしないようです。

ですので、扇風機の風を当ててあげても、体温は下がりません。

やはり室温自体を下げるしか、なさそうです。

 

猫は実は扇風機が嫌いかも

扇風機に限りませんが、うちわであおいだりされて、風に当たることを嫌がっているフシがあります。

もしかすると、風が当たるのは、好きはないかもしれません。

同じような症状の猫は、結構いるようです。

むしろ、風が当たると、息がしにくい感じがして嫌いかもしれないです。

 

扇風機を使うのなら、猫に当てるのではなく、窓を少しだけ開けて、そこに扇風機を置いて、外の空気が入り込むようにして、室温を下げてあげる工夫の方が良いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

猫は扇風機の風で涼んでいることは、あまり考えられません。

涼しさよりも、扇風機の台座や動きなど、他の部分に注目しているのです。

 

人間が涼しいと感じるからといって、猫も同じとは限りません。

特に真夏には、猫に合わせた熱中症対策をとるようにしてくださいね。

また、危ないこともあるので、怪我や事故を招くことのないよう、気を付けましょう。

 

 

  1. 猫が脱走!大変!場面ごとに対処法を考える
タイトルとURLをコピーしました