猫が発情期にうるさいのはどうしたらいいの?

猫の発情期 うるさい 去勢・避妊

4月に猫がうるさいのは、なぜかご存知ですか?

発情期が理由であることが多い4月ですが、近隣トラブルも心配ですよね。

また、飼い主さんの不眠の原因となってしまうことも考えられます。

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫が発情期にうるさい時の対処方法」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

スポンサーリンク

猫が発情期にうるさいのはどうしたらいい!対処法はある?

4月に猫がうるさい

4月に猫がうるさいのは、発情期であることが考えられます。

普段からは想像もつかないような鳴き声で、近隣トラブルの原因にもなってしまいます。

では、早速4月に猫がうるさい時の対処方を見ていきましょう。

 

猫が発情期にうるさい|事前に去勢や避妊の手術をしておく

4月に猫がうるさいのは、発情期のためです。

日照時間が長くなり暖かくなると発情期のピークとなります。室内飼い猫の場合は冬でも発情することがあります。

事前に防ぐためには、早めの去勢・避妊手術をする必要があります。

産まれてから、最初の発情の前に手術をしておきましょう。

発情期を抑えてくれるだけでなく、病気の予防にもなります。

 

いくら激しく鳴いていても、それを止めさせることはできません。

怒ったりすると、ますますストレスになってしまうこともあるのです。

去勢や避妊手術が遅れると、これらの行動を防ぐのが難しくなります。

 

また、発情期にはスプレー行為もあります。

これは、トイレ以外のあちこちで尿をしてマーキングしてしまうもの。

去勢や避妊手術を行うことで、これらの行為を防いでくれます。

 

 

猫が発情期にうるさい|ご近所さんに声をかけておく

4月に猫がうるさい時は、ご近所さんにあらかじめ声をかけておくのも良いでしょう。

少しハードルが高いかもしれませんが、謝罪がないよりは良いです。

「猫が発情期でうるさいかもしれませんが、ご迷惑かかっていませんか?」と一言言っておきましょう。

お互いに不安や不満を溜め込むよりは、気持ちが楽になりますよ。

 

 

猫が発情期にうるさい|脱走に注意

4月に猫がうるさい時は、いつも以上に脱走にも注意しましょう。

発情で気が立つと、思わぬ行動に出たりしてしまうこともあります。

 

網戸を開かないようにしておいたり、柵をつけて対策を取っておきましょう。

脱走すると、探すのが大変なだけでなく、命に関わる可能性もありますよね。

いつも以上に、目を離さないようにしておくことも大切です。

 

猫が発情期にうるさい|怪我に注意

4月に猫がうるさい時は、発情期で気が立っているということも、心に留めておく必要があります。

普段は考えられなくても、突然噛み付いたり、爪で引っ掻いてくることも考えられます。

 

飼い主さんは、怪我に注意する必要がありますよ。

鳴き声がうるさいからといって、むやみに押さえ込んだりするのは絶対にNG。

猫のストレスとなってしまうだけでなく、反撃される恐れがあることを心に留めておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

4月に猫がうるさいのは、発情期であり、それを止めることはできません。

普段よりも激しく鳴いていても、鳴き止ませるのは難しいと言えるでしょう。

 

4月に猫がうるさいのを防ぐ一番の方法は、事前に去勢や避妊手術をしておくことです。

近隣トラブルを防ぐことができるだけでなく、病気などの予防となってくれます。

猫の健康や、一緒に暮らす上でお互いのストレスを軽減させるためにも、真剣に考えてあげてくださいね。

 

 

関連記事

  1. 猫の発情期対策|去勢と避妊について
  2. 猫が発情期にうるさいのはどうしたらいいの?*当記事
  3. 猫の去勢費用はどのくらいかかる?実態を教えて!
  4. 猫は去勢しないとどうなる?どんな問題があるの?
  5. 猫の去勢時期を見極める!いつなの?理由や事例は?
  6. 猫の去勢後のショック|ごはんはいつから与えればいい
  7. 猫の去勢手術について教えて!去勢手術の流れ
  8. 猫を去勢するとメリットがたくさん!時期や費用・手術の流れ
  9. 猫の避妊手術の助成金について|各地域ごと
  10. 猫の避妊手術の費用はどのくらいかかる?
  11. 猫の避妊手術が失敗する可能性はある?
  12. 猫の避妊時期はいつが最適?
  13. 猫の妊娠期間は67日位。お腹が大きいと気付いたら妊娠1ヶ月!
  14. 猫の「発情期」の時期と対処・オスとメスの場合
タイトルとURLをコピーしました