避妊

去勢・避妊

猫の発情期対策|去勢と避妊について

猫の発情期の問題行動の対策には、去勢や避妊手術をすることです。手術をすると病気の予防にもなります。手術は日帰りから1泊のことが多いです。手術後は太りやすくなりますので気をつけましょう。飼い主がいない猫の避妊手術の助成を行っている地域もあります。
去勢・避妊

猫の避妊手術が失敗する可能性はあるの?

猫の避妊手術は失敗する確率はかなり低いですが、全身麻酔をするため0ではありません。しかし、避妊手術をすることによって、病気予防になり、発情期の問題行動を回避できるというメリットがあります。
去勢・避妊

猫の避妊手術の費用はどのくらいかかる?

猫の避妊手術の費用は一般的に2万円から3万5千円くらいなことが多いです。地域によっても相場が違い、野良猫の手術には助成金が出たり、福岡県では飼育している猫にも適用されるケースがあリます。猫にとって大事な手術なので、事前に確認をして備えましょう。
タイトルとURLをコピーしました