薬を飲まない猫には、おやつを使う!ちゅーるやシーバを

猫 薬 特徴

猫が薬をなかなか飲んでくれなかったり、飲んだと思っても吐くことはありませんか?猫に薬を飲ませるのが大変と感じている飼い主さんも多いことでしょう。

普通に飲ませるのは難しく、苦戦してしまいますよね。

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫の薬の飲ませ方」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

スポンサーリンク

猫に薬を飲ませるには、おやつを使う!ちゅーるやシーバを

猫 薬 飲ませる おやつ

 

猫がなかなか飲んでくれない薬は、ちゅーるやシーバを活用することで飲んでくれることもあります。

具体的には、どのような方法があるのでしょうか。

活用方法を、それぞれ見ていきましょう。

 

猫に薬を飲ませるおやつ|ちゅーる

通常のちゅーるでも十分効果はありますが、投薬用ちゅーる(エナジーケア)というものもあります。

これは、病院などで購入することが出来るものです。

 

通常のちゅーるは少し水気が多めですが、投薬用は粘度が高く、薬を包み込みやすくしてくれています。

ちゅーるは猫の食いつきもよく、これなら苦戦せずに薬を飲んでくれるのではないでしょうか。

 

通常のちゅーるを使うなら、薬を包むのは難しいので、砕いて混ぜたりするのがオススメです。

ただ、薬を砕いても良いかどうかはお医者さんに相談してからにしましょう。

 

 

猫に薬を飲ませるおやつ|シーバ

猫に薬を飲ませるには、ちゅーるだけではなく、シーバも活用することができます。

シーバも、ちゅーると同様に猫の食いつきが良いおやつとして知られています。

 

実際に成功した方の体験談も多く、効果も期待できますよ。

やり方は、以下のとおりです。

1)ハサミなどでシーバを半分にカットします。

2)この時に、大きめのものを選ばないと、割れてしまうこともあるので注意しましょう。

3)シーバの中に入っているクリームを搔き出しましょう。

4)空洞が出来たら、そこに薬を入れます。

5)入りきらない場合は、半分にカットするなどしてください。

6)薬を入れたら、先ほど搔き出したクリームで蓋をしましょう。

以上で完成です。

少し手間はかかりますが、猫が薬を吐いてしまうことを考えれば、猫にとっても、飼い主さんにとっても大分ストレスは軽減されるはずです。

 

 

スポンサーリンク

猫に薬を飲ませる方法|オブラートを使う

猫 薬 飲ませる おやつ

 

中には、おやつを使わずに猫に薬を飲ませたい方もいますよね。

人間と同様に、オブラートなどを使っても、飲ませることができるんです。

では、さっそく飲ませる方法を見ていきましょう。

 

猫に薬を飲ませる|オブラート

オブラートで薬を包むと、匂いや味が薄くなり、存在感をなくしてくれます。

どうしても猫が飲んでくれず、吐き出してしまう場合などは、オブラートに包んだ上で、フードなどに混ぜてみましょう。

オブラートはペット用のものもありますが、人間用のをカットして使ってもOKです。

ペット用のは風味がついているものもあり、猫に合わせて選ぶことができます。

 

 

猫に薬を飲ませる|慣れさせておく

子猫であれば、薬を飲むことに慣れさせるという方法もあります。

小さいうちから慣れさせることで、成猫になっても、すんなり飲んでくれるようになります。

飲ませ方としては、猫の顔を少し上向きに傾け、喉の奥に薬が入るように落としましょう。

薬を入れたら、口を閉じさせ、飲み込みやすいように喉をさすってあげてください。

 

何度か失敗すると、頑なに口を閉じてしまうこともあります。

しまいには逃げ出してしまうこともあるので、できるだけ失敗しないように挑戦してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

猫に薬を飲ませるのは、至難の技だと思っていませんか?

しかし、ちゅーるやシーバなどのおやつを使うことで、ストレスが一気に軽減される可能性が大きいです。

また、それ以外にもオブラートを使ったり、慣れさせることでも、楽になることがあります。

猫に必要な薬を飲ませるためにも、スムーズな方法を見つけてあげてくださいね。

 

 

関連記事一覧

猫に薬を飲ませるには、おやつを使う!ちゅーるやシーバを*当記事

猫の「チュール」食べ過ぎに注意!危険性もあるので注意!

タイトルとURLをコピーしました